【書評&要約】『3000円投資生活』投資はじめての方へおすすめ本

未分類
サラリーマン
サラリーマン

株価を四六時中チェックするのは難しい

育児中の主婦
育児中の主婦

投資が怖くて始められえない

新婚夫婦
新婚夫婦

貯金だけで、豊かな老後を過ごせるか不安

こんにちは!マコです!

今日は上記のように忙しくて投資をする時間がない
投資に不安がある方向けに書いています

特に投資についてこれから学びたいという方何から始めたらいいのかわからない

もう投資の「と」の字わからないという方もいらっしゃるでしょう

そんなあなたに状況を打破する方法をお伝えします!

それはお金の流れを知り、お金の知識を学び、それを実践していくのことで打破できます

この本から得られること
  • 仕事が忙しくても投資ができる手法
  • 小額からでも資産は作れる
  • 浪費・消費・投資を見直し、お金に強い家計の作り方

私の実体験も踏まえながらお伝えしていきます!

この本は、家計再生コンサルタントの横山 光明さんが書かれた
投資がはじめての方向けの本となっています

著者のプロフィール
  • 株式会社マイエフピー代表取締役社長
  • 個別の相談・指導では貯金プログラムで
    これまで10,000人以上の赤字家計を再生
  • 独自の貯金法などを紹介した
    「年収200万円からの貯金生活宣言や」「貯められる人は、超シンプル」
    なども執筆
  • テレビなどへの出演も多数で、雑誌・新聞・ラジオ活動も行っている

本の概要

第1ステージ「お金を管理する」

まずはじめに家計簿を使ってお金の流れを把握する

お金の流れとは

  1. 消費
  2. 浪費
  3. 投資

これらを細かく見ていくと

①消費:生活に必要なお金

これは食費や住居費など生活に欠かせないものです

あなたの生活に最低限必要な生活費はどのくらいか把握しましょう


②浪費:生活に必要がなく、生産性のないものに使うお金

本書では程度を超えた買い物やギャンブルとされていますが

例えば不必要な保険や格安SIMで事足りるのに

スマフォを3大キャリアの高いプランのまま使用するなどが当たります


③投資:将来の自分に有効なもの、生産性の高いものに使うお金

ここでの投資は自己投資も含みます

しかしなんでも自己投資になるとは限りません

例えば「書籍」を例に考えてみましょう

A君
A君

この本面白かったー

このように本を読んで面白かったで終わったしまうA君

B君
B君

この本に書いてある一部分だけでも仕事に役に立つぞ!

B君の場合は書籍を読んで1つでも実践し
それが仕事に役に立つことを見つけました

これら2つで大きな違いが生まれます

B君は本を読んだことで仕事が効率的に進み定時に帰れるかもしれません

または上司に技術を評価されB君はより多くのボーナスをもらえるかもしれませんね

第2ステージ「お金を学ぶ」

次にお金を今後どのように活用するか基本的な知識を学ぶ

第1ステージで家計を見直し

お金の余裕を作りこの段階でお金を貯金しながらさらにお金について学ぶ

昔の私は学校の勉強が嫌いでした

それは何故かというと社会に出てその知識は何の役に立つのかがわからなかったからです

マコ
マコ

あなたも一度は思ったことはないでしょうか?

社会に出てからの勉強は何を勉強してもよいのです

なので、あなたの好きなことを勉強してみませんか?

自分が好きなことを勉強することは誰でもできると私は思います

なぜならそれはあなた自身が好きだと思ったことについて勉強するからです

勉強してみて違うなと思ったら別のことに変えてみるのもいいでしょう

私の場合はお金の勉強を始めて人生が変わったので

社会人になり勉強をはじめてよかったとすごく思います

第3ステージ「お金を活かす」

第2ステージでお金について学んだことを実行します

実際株式投資を行うための学びが本書では書かれており

簡単にまとめると

  1. ネット証券を開設
  2. インデックスファンドのバランス型の投資信託を選ぶ
  3. インデックスファンドの鉄則は「分散」

ここの分散は「時間」と「投資先」です

まず「時間の分散」は毎月の積み立てで分散します

これはいつ最安値なのかいつが最高値なのかだれにもわかりません

しかし経済は長期に見て成長していくものです

ただ成長は一直線で登っていくのではなく

上がり下がりの波があるので長期に渡り時間を分散させることが重要です。

投資先の分散は本書で紹介されている1つ
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を例に見ましょう

下記の画像は 「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」 へ
投資したときの投資割合です

目論見書より引用

ご覧の通り8つの資産に均等に投資を行います

そのためこれ1つの投資信託で資産を分散することができます

例えば日本株だけに投資していた場合、震災等により株価が下落することが あるかもしれませんが

その他先進国の株価が上がっているとそこで株価をカバーすることができます

世界的に株価が暴落しても債券を入れることで暴落をマイルドにすることができますね

本の要点を実践したことを解説

ここでは私が本書を読んでから実践したことを紹介します

私がこの本を読んだのは2017年頃でした

そこから小額からでも積立投資を夫婦で始めようと考えました

しかし当時、私たち夫婦は社会人2年目、お給料は決して高くなかったです

その頃私はスマフォを3代キャリアを使用し夫婦二人で携帯代15000円ほど(本体代抜き)毎月支払っていました

私たち夫婦は家でWi-Fiを使用し動画をよく見るのですが

外であまりスマフォを使用しませんでした

マコ
マコ

外であまりスマフォの通信使わないから
格安スマフォでいいよね

二人で話し合い意見があったのでスマフォを乗り換えることにすると

15000円だった料金は2台で6000円ほど (本体代抜き) に!!

ここから捻出した月12000円を投資にすることで年間約14万の資金を繰り出しました

※2020年の現在は楽天モバイルの無料期間に申し込めたため2台とも無料なのでさらに資金を投資に投入できています

本書のまとめ

  1. 家計簿を付けお金の流れを把握する
  2. 消費・浪費・投資に仕分ける
  3. 消費と浪費を見直したのちにそのお金を貯金と投資に回す
  4. 投資を始める手順はネット証券を開設
  5. バランス型の投資信託を選ぶ
  6. 毎月の積立で時間を分散させる
  7. 投資先を分散させる

家計簿を付け消費・浪費・投資に仕分ける作業はその人の価値観よって大きくことなります

あなた自身のことをより知るため

パートナーのことをより知るため

一度家計簿を付け家計を見直し

そして投資を始めてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました