【初心者向け】オススメ証券会社【厳選】

投資
こんな人におススメの記事
  1. これから投資を始める方
  2. 米国株始めたい方
  3. 投資信託を始めたい方

こんにちは、マコです。

投資を始めたいけどどこの証券会社を選んだらいいか迷っていませんか?

私はこれまで窓口を利用する証券会社を数年利用したのちネット証券を利用しています。

結論からお話すると証券会社は楽天証券かSBI証券のどちらかで大丈夫です。

マコ
マコ

結婚前から持っている個人資産と

家族での資産で証券会社を分けて使っています

何故2つの証券会社に行き着いたのかというと

楽天証券を使う理由
  1. 手数料が安い
  2. 楽天のスーパーポイントアップ
SBI証券を使う理由
  1. 手数料が安い
  2. ETFを定期で購入したい
  3. 為替手数料を安くしたい

ということが理由ですね。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

楽天証券を使う理由

手数料が安い

私は過去に総合証券会社を利用していました。

その時は手数料のことを全く気にしていませんでしたが

同じ投資をするのに高い手数料を払っていたことに気づき手数料が安い証券会社にしました。

マコ
マコ

皆さんの大事な資産なので手数料には細心の注意をしてくださいね

楽天スーパーポイントアップ

私はネット通販で楽天を利用しています。

楽天の良いところはまず、ポイント還元です。

そしてポイント還元は利用するサービスが増えるにつれ上がっていきます。

楽天をすでに利用されている方は楽天証券を紐づけておきましょう。

これから楽天証券・楽天銀行を使う方も必ず紐づけておきましょう。

SBI証券を使う理由

手数料の安さは上記を参考にしてくださいね!

ETFを定期で購入したい

私の個人資産(家族に相談せず自由に使える資産)はETFを購入しています。

理由は単純で、お小遣いを別で手に入れるため高配当株投資を行っているからです。

米国の個別株は自分が安くなったと思うタイミングで買い増しを行っていますが

ETFは基本的に毎月一定額積立ています。

マコ
マコ

ドルコスト平均法というやつですね!

ただ他の証券会社では定期購入ができません。

唯一ETFの定期購入の設定ができるのはSBI証券だけです。

設定を1度するだけで定期購入することができるので投資にかかるの手間を減らすことができます。

マコ
マコ

ちょっと不便なところもあるんだよね・・・

ただ不便な所が一つあります。

それはETFの買付はドルで行いますが、
そのドルを住信SBIネット銀行からSBI証券に移す手間があります。

移す手間を忘れてしまうと、当然購入ができなくなるので気をつけなければなりません。

私は5つのETFを購入しているので5回毎月買付するより

毎月入金を1度する方が手間が少ないのでこのようにETFの買付を定期で行っています。

マコ
マコ

定期的にドルを証券会社に入金してくれないかな・・・

為替手数料を安くしたい

この記事を読んでくださっている方は収入源は円でもらっている方がほとんどだと思います。

しかし米国株投資を行うには円→ドルに換えなければなりません。

ただ円からドルに換えるにあたっても為替手数料がかかります。

米国株投資をするのに主に使われる3つの証券会社で比較してみましょう。

証券会社為替手数料
楽天証券0.25銭
SBI証券0.25銭
マネックス証券0.25銭
あず
あず

3社とも一緒じゃん!

そうです。

どこでも同じです。

ではなぜ私は為替手数料が安いからと言っているのでしょうか?

マコ
マコ

安い理由は 住信SBIネット銀行 を使っているからだよ

住信SBIネット銀行の為替手数料は0.04銭、積立ると0.02銭になります。

このように住信SBIネット銀行をすることで為替手数料を下げた後に

SBI証券に入金し米国株を購入しています。

まとめ

  • 楽天利用者は間違いなく楽天証券を使いましょう
  • ETFなど米国株を購入したいけどコストをなるべく安くしたい方はSBI証券を使いつつ為替は住信SBIネット銀行を利用する

私の場合は家庭での資産と個人資産を分けて管理したいので2つの証券会社を利用していますが

分けていない方などはどちらか一方だけでも開設してみてはいかかでしょうか。

以上、参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました